FPママと繊細っ子の中学受験奮闘ブログ

【繊細さん】HSC 繊細さんの子あるある

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゼロから子どもと一緒に学ぶ中学受験奮闘記録。2024年中学受験予定。小学生の娘2人。中学受験未経験の母は公立小・中・高、地方国立大を卒業。長女は繊細さん、次女はお転婆。中学受験、お金のこと、関西の情報を更新中。

繊細さんは5人に1人の割合らしい。

敏感で繊細、感受性が高いなどの気質がある子。

30人のクラスであれば6人の計算。

自分が繊細だからこそ、周りの人たちの傷みなどに気づき

寄り添い優しくすることができることは多いと思うので、

HSCならではの個性で、強み、長所と言えると思います。

ただ、とまどうお母さんも多いと思うんです。

我が家の繊細さん長女。

私自身が初めての子育てだったこともあり、

戸惑うこともありました。

周りから「女の子は手がかからなくて楽でしょう」と言われる度に、

『こ、これは楽なのか!?本当に!?男の子ママってスッゴイ大変なんだな』と思っていました。

特にまだ言葉でうまく表現できない赤ちゃん期から

小学校低学年の繊細さんあるあると記録します。

赤ちゃん期

くしゃみで爆泣き・咳払いで爆泣き

電気で爆泣き

暑くても寒くても泣き

気配の察知力がすごい

予防接種で一晩気が狂ったように爆泣き

匂いに敏感

とにかく抱っこしていないと泣き!

児童館では人が多いと母から離れない

混んでいる電車やバスは最悪

雨の日の不機嫌

幼児期

行事やイベントで体調不良

吃音始まる

転園し2カ月毎日登園前から泣く

共感が強すぎて身体に影響。

歩けなくなった話

頻拍(不整脈)で入院。失神寸前になった話。

突然ミュージカル始まる

小学生~

吃音収まる

友人関係で一喜一憂がすごい

石橋を叩いて渡らないこともある

行事・イベントの前は体調が不安定

クラスのみんなの前で発表が辛い

ちょっとみんながコソコソ話していると悪口言われている気分

親友の転校で落ち込みすぎる

クラス替えの前は注意

自己肯定感が育ちにくい

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゼロから子どもと一緒に学ぶ中学受験奮闘記録。2024年中学受験予定。小学生の娘2人。中学受験未経験の母は公立小・中・高、地方国立大を卒業。長女は繊細さん、次女はお転婆。中学受験、お金のこと、関西の情報を更新中。




スポンサーリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 繊細さんと中学受験 , 2021 All Rights Reserved.