FPママと繊細っ子の中学受験奮闘ブログ

【日能研】育成テスト前受け 4年後期3回目

WRITER
 
スポンサーリンク



スポンサーリンク



この記事を書いている人 - WRITER -
ゼロから子どもと一緒に学ぶ中学受験奮闘記録。2024年中学受験予定。小学生の娘2人。中学受験未経験の母は公立小・中・高、地方国立大を卒業。長女は繊細さん、次女はお転婆。中学受験、お金のこと、関西の情報を更新中。

こんにちは!

小4後期3回目の育成テストを前受けしてきました。

本人の一言感想は「前受けは疲れる…」とのことで結果は期待できません!

10月11月は学校説明会や見学会がいくつか入っていることもあり、テストの前受けが増えそうです。

まだの方が多いので内容は書きませんが、感想と今後に向けてのことを書きます。

育成テスト目標点数

国語 100点
算数 100点
理科 70点
社会 60点

毎回おおよその目標は変わらずです。

国語の学習範囲

国語は前後のつながりを学んできた2週間の振り返りテストです。

接続語と理由・反対の理由の単元でしたね。

栄冠や本科テキストは接続語を意識して読んでいきました。

ふくしま式も接続語の単元をもう一度見直しました。

国語の感想は「いつもよりマシかな」とのこと。。

算数の学習範囲と目当て

今回は樹形図・場合の数が学習範囲です。

最初は栄冠もスラスラと解き、樹形図いける~と言っていた長女ですが、

途中から樹形図をきっちりと書くことをさぼり始めました。

樹形図を書いて見える形にしないと今回はちゃんと学んだことにはならないよ!と何回言ったことか・・・。

これは注意力散漫な長女の傾向でもありますが、ちゃちゃっとできそうだと適当にやってしまうんですよね。

『情報を整理するために視覚化する』

『わかりやすく手順を組み立てる』

この単元の目当ては答えを出すことだけではなく、情報を整理するために書き出すこと!と伝えてテストに送り出しました。

算数の感想は「ちゃんと書いたけど、いつもより自信ナイ」だそうです。。

理科の学習範囲

理科の学習単元は「太陽の高さと地温・気温のつながり」です。

道具の使い方や名称などを中心に復習しました。

理科は基礎クラスの宿題範囲になっている栄冠の学び1と3を2周し、この問題集でおさらいしておくと平均点は超えます。

ただ、8割超えを目指すとなると基礎クラスの宿題範囲だけではなく、応用クラス(上位クラス)の宿題範囲をやらないと無理ですね。

長女は理科が好きですが、現状理科にそこまで時間を割けないので、平均点超えを目指す今のスタイルでしばらく継続します。

社会の学習範囲

社会の学習範囲は「琵琶湖と淀川と人々のくらし」です。

関西組は有利な単元じゃないか!と思いますよね・・・。

実際に見たこと、行ったことがある土地を習うのと、全く知らない土地のことを習うのでは頭に入ってくるものは全く違うと思います。

身近な淀川、琵琶湖だよ!あの場所って・・・と会話の中にも入れて学びに繋げようとしましたが、社会嫌いな長女は大したテンションも上がりませんでした。

悲しい!

社会はもうやめる方向で検討しています・・・。

まとめ

4年生も後期になり、2週間に1度の育成テストに加えて公開模試も月に1回ペース。

月に3回テストが当たり前の状態になりました。

長女はクラスダウンを心配したり、席が1列ずれるだけであーだこーだと色々言います。

偏差値も席順も全く気にしない!というのは難しいですが、一喜一憂することなく、育成テストを中心にちゃんとついていけるようにすることが目標です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ゼロから子どもと一緒に学ぶ中学受験奮闘記録。2024年中学受験予定。小学生の娘2人。中学受験未経験の母は公立小・中・高、地方国立大を卒業。長女は繊細さん、次女はお転婆。中学受験、お金のこと、関西の情報を更新中。




スポンサーリンク










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 繊細さんと中学受験 , 2021 All Rights Reserved.